新しい会議の在り方

会議

ネット会議の普及へ

少し前までは会議を予定する場合、会議室を予約し参加者の予定を調整して、という手順を踏むパターンが主でした。しかし現在は、インターネットとクラウド環境を利用したWeb会議という手法が会議をするうえで取られるようになりました。最近ではよく聞くこのWeb会議とはどのようなものなのでしょうか。簡単に言えば、遠隔拠点とインターネットを通じて別の場所にいる相手ともカメラやマイクを使い、音声のやり取りや資料の共有化で会議に参加することが出来るというものです。これらのメリットはもちろん、メンバー全員が同じ場所に集まる必要がないこと、別の場所のメンバーもつ情報をいち早く本社の会議に盛り込めることなど、時間的効率化を図ることが出来ます。また、セミナーを研修をWeb会議に置き替えることで宿泊費や交通費などのコストの抑制も期待できるのです。別の場所にいるメンバーが動画の資料を会議に配信するということはネット環境ならではです。また会議の場に出席しない場合、自分の意見を発現しやすい環境となる点も挙げられます。またWeb会議はワークライフバランスを課題として掲げる企業にも最適で、スマートデバイスを使い自宅からでも会議に参加することができます。このように現在では社内のコミュニケーションを活発化させる目的でもWeb会議を採択する企業が増えてきています。またWeb会議は、ネット環境とマイクやスピーカーがあれば簡単な設定で始めることができ事前の準備も必要ありません。